iPS創薬により難治性神経変性疾患治療に革命を

Company

根本的治療法のない難病の治療を社会に提供する京都大学発の開発型企業としてのタイムセラ株式会社は、 “難病の制圧”という夢を社会と共有するとともに、会社の持続的な成長を達成します。
天の時の技術であるiPS創薬による難病治療法の開発を行い、人のかけがえのない“タイム(Time)”を “治療する(Therapeutics)”ことを目指しています。

Technology

患者iPS細胞を用いた難病治療法の開発により、精密な薬剤有効性検出、正確な対象患者層別化、至適な薬価追及を行う“iPS創薬:dish to bedside”という創薬革命により、その成果を社会に還元します。



Pipeline

当社の製品開発の状況について



Contact

当社へのお問い合わせはこちら